チワックスのリーチと過ごす日常

チワックスと一緒に生活をしながら様々な事を発信するブログです。

【スノーボードログ】会津高原だいくらスキー場・20-21シーズン

会津高原だいくらスキー場とは

福島県の会津高原にあるスキー場です。

daikura.net

 

会津高原だいくらスキー場の魅力はこんな感じ

  • 豊富な雪量と良い雪質
  • めちゃくちゃ空いている
  • 中級レベルでも1コース除いて全てを楽しめるゲレンデ構成
  • ご飯が美味しい
  • パーク派の人には、整備されたパークもあり
  • 冬の北西の風の影響を受けにくいゲレンデ構成

空いている理由は最寄りインターから遠いアクセス

  • 最寄りインター、東北道の西那須野塩原インターからは64Kmもあります
    乾燥路でも1時間以上はかかるアクセス
    真冬の圧雪凍結路では、もっと時間はかかります

白河インター経由をお勧めする人もいる

  • 西那須野塩原インターからのアクセスは、ハンターマウンテンやたかつえを目指す人と同じ道中になるので、混雑します
  • 西那須野塩原インターから、塩原までは狭い山道が続きます
  • 白河インターからは63Km
  • ただし、スキースノーボードブームの時の塩原付近は確かに混雑が激しかったですが、今は特定の日以外はそれ程混雑しない印象です
  • 狭い山道のアクセス路もがま石トンネルのおかげでかなり改善されました
  • 総合的には、混雑しそうな日や寒波で塩原温泉街も積雪しているような日に会津高原に向かうのであれば白河インター経由が良さそうです

 

 

 

 

2021年3月1日・会津高原だいくらスキー場

この日は朝から冷え込んでいて、朝9時半の駐車場で-6℃。

風も若干吹いて、曇りそして小雪。結構寒い1日になりそう。

 

到着して驚いたのがいつもの第一駐車場が満車。こーいう事はめったにない。

しかし、回された第4駐車場は実はメインのクワッドに一番近かったりします。

 

アクセス路は基本ドライ。

しかし、ところどころ凍結。ブラックアイスバーンって感じで。

2箇所くらい車が突っ込んじゃっていました。

怖いんですよね。ドライ路面なので気を抜いていたら、つるっと行く。

 

f:id:eng_kt:20210301094159j:image
f:id:eng_kt:20210301094202j:image

雲が多めで、小雪が舞う1日。

午後になるに連れて晴れ間がさしてくる時間が多くなってきた。

 

ここは春木沢アウトコース。

コース幅は広くないけど、適度な斜度なのでこのゲレンデでは一番人がいる感じのするコースです。

それでもかなり少ないので気になるほどではない。
f:id:eng_kt:20210301094155j:image

f:id:eng_kt:20210301094206j:image

 

気温は終始マイナスなので、寒い一日でした。

おかげで雪は緩まないんだけど、午後から人が減った気がしたのは寒かったからかな。

 

f:id:eng_kt:20210301094152j:image
f:id:eng_kt:20210301094144j:image

 

この日もきっちり16時過ぎまで滑りました。

 

帰りの道路は完全ドライ。

塩原でハンターマウンテンからの帰りと合流するので混雑するかなーと思ったけどそんなことも無く。

東北道も渋滞は無く、快適に帰れました。

 

 

   

 

 

2021年2月11日・会津高原だいくらスキー場

この日は祭日で、だいくらスキー場は小学生無料の日

当日、朝9時頃にスキー場到着。。の直前。約1Km~2Km手前地点で車は完全停止の大渋滞。

車列が長く続き、何が起こっているかわからない状況で約30分ほど停車。

その後ようやく動き出してわかったのは、スキー場手前の坂で数台の車がスタックしていました。

この日の朝は結構凍結していたのでそれが原因ですね。

おかげでスキー場到着は9時半頃。

駐車場に車は沢山だけど、ゲレンデに出てしまえば空いていて、終日リフト待ちも殆ど無い、いつも通りのだいくらでした。

f:id:eng_kt:20210212184101j:image

 

天気は、ずっと風が強く雪も降っていましたがこの写真はその中で一瞬の晴れ間です。

f:id:eng_kt:20210212184105j:image

 

日中ずっと強風だったのですが、このゲレンデは風の影響を受けるところと受けないところがはっきりしています。

この日は北西の風。大抵冬はこの方角からの風ですよね。

この日の風が吹いてくる方向、ゲレンデMAPに矢印を追加してみました。

f:id:eng_kt:20210212184621p:plain

風の影響を受けるのはMAPの右から

  • C:駒止ゲレンデ
  • J:駒止尾根の上部
  • D:シャドーコース
  • E:スイングコース

もちろんリフト乗車時は強風をまともに受けるのですが、メインのトリプルリフト2本はフード付きなので寒くも無く快適です。

メインの春木沢トリプルを降りた山頂は風の通り道で寒いのですが、そこから降りてしまえばあまり風を感じません。

具体的には以下が風の影響を受けにくいのですが、メインの春木沢イン春木沢アウトが風の影響を受けにくく、良い感じで滑れます。

  • J:駒止尾根の下部
  • K:初心者コース
  • F:春木沢インコース
  • G:春木沢アウトコース
  • H:白樺インコース
  • I:白樺アウトコース

というわけで、冬の強風。北西の風にも強いだいくらスキー場です。

 

 

 

 

   

2020年12月28日・会津高原だいくらスキー場

 

この日は、一応平日。

行きの高速もガラガラだし、西那須野塩原ICからだいくらまで特に混雑も無く到着。

ただ、やはり遠い。

ゲレンデ到着時に気温は2度。

暖かい1日になりそう。

 

朝9:30のゲレンデの様子。

右端に見えるのはパーク、この日はまだ準備中でした。

でも大分できていたので、年末年始には間に合うのかな。

f:id:eng_kt:20201228223418j:image

人がいない。。

f:id:eng_kt:20201228223424j:image

西那須野塩原IC、白河ICのどちらから行っても約60Kmあるこのスキー場。

大抵は空いてます。

 

 

 

 

お昼過ぎまでは快晴。

f:id:eng_kt:20201228223409j:image

f:id:eng_kt:20201228223412j:image

f:id:eng_kt:20201228223435j:image

f:id:eng_kt:20201228223444j:image

 

 

 

 

子供にはさすがに暑すぎて、上着脱いじゃったり。

f:id:eng_kt:20201228223505j:image

大人の人でもジャケット脱いでる人は何人かいました。

お昼過ぎまではホント暑かった。

 

 

下までくると緩んだ雪。

f:id:eng_kt:20201228223515j:image

それでも、初心者の練習にはあんまり関係ないか。

f:id:eng_kt:20201228223525j:image

 

スキー場ではエールチケットというのを売っています。

プレミアム率50%!1000円で1500円分のチケットがもらえる!

f:id:eng_kt:20201228224907j:image

 

 

www.aizu4ski.com

 

こいつはお得ですよ。数に限りあるみたいだけど。

南会津のこちらのスキー場で使えます。

会津高原たかつえスキー場・だいくらスキー場・南郷スキー場・高畑スキー場

 

去年はやってなかったので。今年からの試みですかね。

南会津は遠いですけど、ここまで行けば空いてて豊富な雪が楽しめる。

 

食堂のメニューはコロナ対策で一部テイクアウトメニューがありました。

 

ただ、この日は早めにに昼ごはんにした事もあり、食堂は空いていたので普通にご飯食べました。

混雑してる時は、テイクアウト良いですね。

駐車場も近いので、自分の車で安心して食べれます。